日本財団テレビCM

第102回 海さくらゴミ拾いbackward vol.102

2015年3月14日(土)

参加人数 115名
不燃ゴミ 29袋
可燃ゴミ 14袋
ありがとうございました!

第102回海さくらゴミ拾いを実施させていただきました。
お越し下さった皆さま、日頃応援してくださっている皆さま、
ありがとうございます。

天気は曇り時々雨や晴れといった、
なかなか気まぐれな少年のような気候でした。

私は、先々月から埋まっている車のバンパーを掘り上げる!!
のを目標にしていましたが、
参加した皆さまは、それぞれがそれぞれの場所で、それぞれの想いで、ゴミ拾いのストーリーを展開されていたのかと思います。

ゴミ拾いは、小さな「その日にしかないストーリー」が生まれるのです。

参加者の皆さまから、ゴミ拾いの時の色々な話を聞きないな~なんて、いつも思います。

今回も注射器が出てきました。3本針がついているものが、出てきました。
本当は、釘も注射器も、落ちているなんていいたくないのです。
それは、海をキレイにするには、海で遊ぶことが大事だと思うからです。

「釘も注射器もガラスも落ちている浜・・・」そんな事をいうと、海から人を遠ざけるのです。
でもでも、色々と考えました。
これで、ケガしたり、致命傷になるまえに、伝えないとと決め、伝えることにしました。
だから、僕達やみんなでキレイにしようじゃないかと!!

大人が捨てたゴミを子供たちが、必死に拾っている。
恥ずかしい・・・
子供たちには、沢山感謝だけど、子供に拾わせている場合じゃない。
いい海にして、引き継いでいきたい!!
いい海にして、海の楽しさ、恵みを感じてもらいたい!!
強く思った一日となりました。

そんなこんなで、あっという間に、時間は過ぎて、
みんなで楽しくファンキーに今回もゴミを拾うことが出来ました。

来月は、第103回海さくらゴミ拾いは、2015年4月11日(土) 14時~15時30分です。

それぞれのストーリーをここで紹介できなくすいません。
でも、きっとそれぞれのストーリーのゴミ拾いが、やさしく広がっていくことを願っています。

そして、来月もどうぞよろしくお願いいたします。


総合トップに戻る