日本財団テレビCM

第57回 海さくらゴミ拾いbackward vol.57

2011年6月18日(土)

参加人数 45名
不燃ゴミ 17袋
可燃ゴミ 14袋
ありがとうございました!

第57回海さくらゴミ拾いを実施させていただきました。

またまた雨でした・・・笑

僕たち「海さくら」は
タツノオトシゴが戻るくらいの海に戻すという目標があります。

参加してくれるみんなは、
それぞれの「海さくら」への想いがあるのです。

それでいいのです!!

ゴミ拾いでは、「楽しく」「マイペース」で
それぞれの自由だーーー!!
です。

でも、僕は、やっぱり
このタツノオトシゴが戻ってくるくらいの海に戻したいのです。
もちろんファンキーに楽しく!!

で、「どうやったら?戻ってくるの?」
「このままのゴミ拾いや活動でいいの?」と
自分に問いかけ、いろいろと進んでいるつもりです。

ゴミ拾いでも多くの方が参加してくださいます。

あの膨大なゴミを
100人前後で拾っても、意味がないよ~!!
なんて思っている人は、残念!!

最初は、数人しかいなく、徐々に人数も増えてきました。

このままいけば、1万人のゴミ拾いになる!!
笑っちゃうけど、可能性はあるでしょ。
1万人で拾えば、そこから、いろいろと広まり、街のポイ捨てもなくなるかも!?

あなたの心が流れる先にの映画が、ヒョンなことから、ハリウッド映画になるかも!?
これも可能性ゼロではない!?

海さくらフリーペーパーを、AKB48が読んで、ブログに書いてくれたら、
もしかすると、10万人が、ポイ捨てをしなくなるかも!?

僕が思ったのは、「進めば可能性があるということ」
進まなければ、何もない。
だから、ゴミ拾いの人数とかではなく、
この1歩から、可能と思えば、タツノオトシゴが戻ってくるのです。

そう今でも信じています。

長く長くなりましたが、
この海さくらの活動で、藤沢市長と何度か正面でお話しさせていただく機会を
いただきました。

第57回ゴミ拾いの日の午前、
テミヤンさんのご好意で、
JCOMさんの「Hometown湘南」という生放送の番組に
徹大と出演させていただいたのですが、
そこに、藤沢市長も出演ということで、
久しぶりにお会いしました。

そこで、海老根市長が暇そうなときに、
「お久しぶりです。海さくらの古澤です。市長、片瀬海岸や、江の島の海岸には、
注射器が毎月1本は、出てくるのですよ!危険!なんとかならないでしょうか!?」
なんて言いました。

もちろん他人まかせということではなく、
もしかすると、この一言から、
市長が何か対策するかもしれません。

だから、きっと、進みつづければ、
どんな形かわからないけど、
きっと、きっと、綺麗になるのです。

出会いは、進めばある!!なんて。偉そうにすいません。

出会いは、進めばある!!なんて。偉そうにすいません。

参加人数は、45名。
不燃ゴミ 17袋
可燃ゴミ 14袋

次回は、7月23日(土)14時からです。

UMISAKURA MUSIC FES 2011 パート2
HUMAN STRAIGHT ROCK

山口洋さん、三宅伸治さん、リクオさんです。
洋さんが、この日はプロデュースしてくれます。

すごく熱い、熱い日になりますよ。
お楽しみ!!

ゴミ拾いあとは、カキ氷かな!?(まだ未定ですが・・・)

総合トップに戻る