日本財団テレビCM

第108回 海さくらゴミ拾いbackward vol.108

2015年9月12日(土)

参加人数 88名
不燃ゴミ 10袋
可燃ゴミ 6袋
ありがとうございました!

第108回海さくらゴミ拾いを実施させていただきました。

今月は、「ナショジオ課外授業with PADI」ということで、
ナショナル ジオ グラフィックチャンネルさん
PADIさんと共に、実施させていただきました。

そして、

文部科学省・チーム美らサンゴのご協力もいただき、江の島の海から、沖縄の海に想いを寄せて、想像し、勉強するイベントを企画開催させていただきました。

雨が続いており、江の島の海には、多くのゴミが漂着しているのでは?と想像していました。

私達「海さくら」のゴミ拾い前には、かながわ海岸美化財団さんが清掃をされた形跡もあり、片瀬東浜では、「コスモアースコンシャス」が同じ時間に開催されており、多くの人と共に、海岸のゴミを拾いました。

グリーンアップルさんもわざわざ挨拶に来てくれました。

タバコフィルター選手権も実施しました。
今回は5分間で誰が一番多くのタバコフィルターを拾うか!?大会です。
たった5分で70本近く拾った人がいました。

こんなに吸殻が海岸に落ちているのは、街と川と海が繋がっている証拠です。と楽しみながら説明させていただきました。
しかし、本当にタバコのフィルターが多い!!

参加人数:88人
可燃ゴミ:6袋
不燃ゴミ:10袋
傘:4本

ゴミ拾いあとは、サンゴが沖縄の海から減少しているということで、石灰岩にみなさんに絵を描いていただき、後日、私達が、その石灰岩にサンゴの赤ちゃんをつけて、海の中で植えてくるプロジェクトを実施しました。

「ナショジオ課外授業with PADI」です。

水産技術センターから工藤さんがサンゴについてお話をしてくれました。
工藤さんは、あの魚くんの師匠でもあり、TOKIOのダッシュ海岸にたまに出てくる海の生物の大先生です。海バージョンのムツゴロウさんみたいな方です。

サンゴは、動物なんだそうです。(イソギンチャクやクラゲの仲間)
海の温度の上昇や、海の汚れで、サンゴが減ってきており、サンゴは、海の海底の森のような役割を果たしており、サンゴがなくなるとそこに住んでいる魚達も減ってくるようです。 江の島の海の「海底の森」と一緒です。
サンゴも海底の森も、あちらこちらで減っているのです。

工藤さんのお話は、本当に勉強になりました。

来月、皆さんが書いてくれましたスティックにサンゴ赤ちゃんをつけて、沖縄の海を少しでも豊かにしてきます。
海は繋がっています。
色々と考えさせられました。

次回、第109回海さくらゴミ拾いは、2015年10月3日(土)です。
10時〜12時くらいです。集合は、9時45分です。

久しぶりにコラボなしの純粋ゴミ拾いです。
シャベルを持って、行きますよ〜!!!

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。


総合トップに戻る